キャッシングローンを選ぶために

キャッシングローンを選ぶにもたくさんの会社があって、
どれが良いかなんて悩みますよね。

利息が高額だったり、見えないところに落とし穴があったり。
失敗をしないためにも、たくさんある会社のローンを比較して十分に検討しなければなりません。
やはり大きくて有名な会社のキャッシングローンとか、CMとかで良く名前を聞く会社だと安心感がありますよね。

そういった安心感だけで選ぶことをしてしまったがゆえに、失敗して後悔する人も少なくありません。

まずキャッシングローンを比較して検討するために便利な方法が、インターネットを利用することです。
「比較サイト キャッシングローン」とか空白で区切って検索すると出てくるかと思います。
参考→即日借りられるおすすめカードローン

どんな内容を見るかというと、利率・限度額・特徴・返却についてなどいろんな内容が記載されているので
そういったことを見て考えることが大事です。

こういった貸し付け条件はしっかり見ておかないと、見落としてたではすまないので注意です。

その他、会社の特徴であったり、実際に利用された人の口コミも見ておくべきです。
対応が良いところで安心して借りて、返済するのが良いですよね。

金利は重要です。

キャッシングは今や消費者金融だけにとどまらず異業種からも参入していますが申し込み方法も簡易的なものになり受付時間も大幅に短縮され利用者には時間や手間も省かれますので大変便利になりました。

急な入用にも即日借入出来るのは魅力的で契約締結後も限度額内の範囲で銀行やコンビニATMが利用出来ますので利便性に富んでいると思います。

利用するにあたって利息は気になる点ですが利息制限法18.0%以下での貸付が大半ですので安心ではありますが各社ともバラつきがありますので借入前に比較してみる事が重要です。

消費者金融業は新規客に対しては18%が主ですがネット銀行のカードローンは超低金利で融資しているところもあり15%以下の会社が結構あります。1ヶ月同じ金額を借入していても数百円から数千円変わってくる場合もありますので負担額が大きく違ってきます。

どの会社も即日融資は当然で受付時間も差ほど違いがない中金利で選ぶのはキャッシングを上手に利用する手段になってきます。

キャッシング利用中の増額案内

キャッシングを利用している人の中には、キャッシング会社から増額の案内が郵送されてくる人もいるそうです。もちろんすべての人に増額の案内が来るわけではなく、キャッシング会社が安心してお金を貸せると判断した顧客にだけ、こうした案内が来るみたいです。

キャッシングを利用しているということは、定期的に借りたお金に利息を加えて返済しているはずです。返済日に遅れることなく安定して返済しているなら、キャッシング会社にとっては非常に良いお客様という位置づけになっていると考えて良いと思います。期限をきちんと守って返済をしてくれるお客様なら、融資枠を増額してよりたくさんお金を貸すことでキャッシング会社の利益も増えるのです。
ただし、増額案内が来たからと言って無条件で増額が出来るというわけでもないようです。増額の際にも個別に審査が行われ、これに通過できないと増額は認められないのです。しかし増額案内が来たということは、その時点では相応の信用を勝ち取っているという意味に他なりません。もう少し余裕のある融資枠が欲しいなら、増額を申し込んでみても良いかもしれません。

キャッシングを味方にして

お金と上手に付き合うことができたらそれに越したことはありません。お金をうまく活用して自分の味方にしたいのです。お金を味方にする方法のひとつにキャッシングがあります。

これだけ広く世の中に浸透して多くの人が利用しているにもかかわらず、それでもまだキャッシングにネガティブというかマイナスな印象を持ってしまっている人が多くいるようです。

キャッシングとはいろんな事情でどうしても必要なお金を借りるための有効な手段だというのに…とてももったいないと思います。最近のキャッシングの手続きはかなり簡単になってきて、原則では保証人も必要ないということ。

加えて、キャッシングの最大のメリットには「すぐに融資を受けられること」が挙げられると思います。どうしてもすぐに融資が必要になった場合、キャッシングは心強い味方になってくれるとわたしは思っています。

キャッシングを上手に利用して、限りあるお金とうまく付き合いたいものですね。

キャッシングで節約する方法

給料日前は本当にお金がなくなります。それほど派手な生活をしているつもりはないのですが、やっぱり月の終わりごろには財布の中が寂しくなってきます。
でも、会社では毎週のように飲み会があって、どうしても行かざるを得ないわけです。それでも楽しいので、損をしている感じはないのですが、本当にお金がないときには、キャッシングを利用しています。
キャッシングはスグに借りたお金を返済すると手数料が安く済むということに最近気がついたので、銀行口座からお金を引き出すような感覚で利用しています。
大体、100円程度の手数料が普通は銀行だと取られますが、キャッシングで借りて、数日後に返済すれば数十円程度で済みます。なので、お金に困っていない時でも、キャッシングを利用して銀行のATM手数料を節約することにしています。
一時的にお金を借りるだけですので、給料が出たらそのまま返済するというスタイルを取れば、極貧生活を給料日前に送る必要もなくなるので、気持ちもラクになります。

総量規制とクレジットカード

総量規制は貸金業者が融資をする場合に年収の三分の一以上の融資をすることができない制度ですが、クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象となります。

ただしクレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象外となっており、クレジットカードでもショッピング枠とキャッシング枠で扱いが違いというややこしいことになっています。

ですので、仮にクレジットカードのキャッシング枠が総量規制に引っ掛かって使用できないことととなっていても、ショッピング枠を使った物品やサービスの購入に対しては何ら影響はないということになります。

総量規制は貸金業法によって規制される貸金業者が規制されますが、銀行法によって規制される銀行は総量規制自体がありません。しかし、クレジットカードのキャッシング枠についてはすべてが貸金業法によって規制されることになりますので、どのクレジットカードでもキャッシング枠は総量規制の対象となっています。